読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河村シゲルの夢か現か日記

夢は自分自身で創る芸術作品、脚本・演出・セット・キャスティングなど全て1人で担当してます。「無意識の思考を意識に伝えようとしているのが夢」だと、あのフロイトが言っています。ボクは最近、夢を毎日見ています。だからもう一人の自分探しの旅のつもりで夢日記を書き続けることにしました。

ボクとJ・F・ケネディと深沢七郎・・・

ボクの大好きな9月の地元・鵠沼海岸

うっとおしい観光客や海水浴客が居なくなるから…

海には鹿島の潮がゆっくりと右に流れ、海猫がイワシのナブラを追っている

高校生のボクは砂浜に大の字で蒼い空を見つめている。

いつものように、目の前を真っ黒な軍用ジェット機が三機南に飛んでゆく

近くの厚木米軍基地で、この機体を管制しているのは・・・

リー・ハーベイ・オズワルド

小柄で浅黒くて精悍な空軍兵士

後に・・・J・F・ケネディを暗殺したとされる男…

ボクは、この青年に会ったことがある。

そして、30数年後の今・・・

オズワルドの娘であるマリーと会っている。

パソコンに向かうボクの手が言葉を次々と紡いでいる

ボクは小説を書いている

「Dallas」

ボクとケネディ暗殺犯とその娘の人生の結びの糸が絡む物語

その時、ボクの背後で声がする

「原爆持って、世界の民衆を脅かしていた悪い政治家が死んだので、うれしくなって、

おこわを蒸かし近所の人たちに配って歩いたよ』

その人は、作家の深沢七郎だった。

なぜか、ギターを抱えているからすぐに分かった。

悲劇の若き大統領にしてアメリカ民主主義のヒーローをめった切り

さすがボクの大好きな澁澤龍彦も絶賛する快楽主義作家だ。

だが待ってよ…

これじゃボクの小説のコンセプトとは、全く違う方向だよ。

振り返って探しても、深沢七郎はいなかった。

(すでに数年前に一稿を書き終わって、ほったらかしの小説原稿を、そろそろ推敲するかなと思っていたら、この夢だ…。こりゃ書きなさいというお告げだな。深沢七郎の?

ケネディの? オズワルドの? 誰でもいいや(笑))