読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河村シゲルの夢か現か日記

夢は自分自身で創る芸術作品、脚本・演出・セット・キャスティングなど全て1人で担当してます。「無意識の思考を意識に伝えようとしているのが夢」だと、あのフロイトが言っています。ボクは最近、夢を毎日見ています。だからもう一人の自分探しの旅のつもりで夢日記を書き続けることにしました。

昨今 うざったきもの…男の涙

多摩川の土手をサイクリングしていると、野球のグラウンドに人だかり

ジャイアンツの選手が練習している…が、様子が変だ。

守備や攻撃の練習ではなく、発声練習か?

近づいて見ると、それは泣く練習だった

村田が阿部が菅野がリーダーになって教えている

久々にホームラン打った時の泣き方

やっとこさ勝利投手になった時の涙ぐみ方

四番を外された時の悔し泣きの見せ方

ばかやろー!

そんな事だから、少年たちが野球離れをしてしまったんだぞ!

ボクはバカバカしくなって、その場を立ち去った

本当に昨今、スポーツ選手も芸能人も一般人も、男たちがよく泣く

女性の70%が、男の涙はキモイと感じている

なのに男がよく泣く

特にイケメソが最悪だそうだ

イケメンでメソメソする奴だ

不細工な男が泣いたって、女性は誰も眼中にはないらしい(笑)

しかし、日本男子たるもの、いつから男の矜持を失くしたのか!

まず矜持と言う言葉さえ知らないのではないか!

矜持とは自分の能力を信じて抱く自信と誇りだ!

プライドだ!

男の美学・美意識を整えることが大人になるということだ

まともな男は社会の弱者の精神的な支柱になる

すぐに泣くプロ野球選手などを女女しいと言う

女女しい男にはなるな!

社会の何の役にもたちゃしない

男涙は隠れて流せ・・・

そう教えてくれた父と母がいたことを、ボクは誇りに思っている

よし、独りで墓参りに行って、貯まった感謝の涙を流して来ようか・・・

(世紀末には地球の崩壊が言われていた。新世紀になり、確かにあちこちで

地球がほころび始めている。特に日本が顕著だ。日本男子の涙なんてのはこの国の

崩壊現象の前震だとボクは思っている。)