読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河村シゲルの夢か現か日記

夢は自分自身で創る芸術作品、脚本・演出・セット・キャスティングなど全て1人で担当してます。「無意識の思考を意識に伝えようとしているのが夢」だと、あのフロイトが言っています。ボクは最近、夢を毎日見ています。だからもう一人の自分探しの旅のつもりで夢日記を書き続けることにしました。

隠れん坊と隠すん坊

こいぬがね

のはらで よちよち かくれんぼう

どんなに じょうずに かくれても

かわいい しっぽがみえてるよ

だんだん だあれが めっかった

 

なんて遊んでいるうちは楽しかった

逃げて隠れた奴を鬼が見つける

つまり悪い奴を国民が見つける遊びだ

この隠れん坊は20世紀までのお遊びだった

21世紀になると隠すん坊と言う遊びが流行り出した

つまり人間は隠れずに、悪さを隠すのだ

巧妙に、ばれないように…

しかし、この情報時代に隠し通せるものはない

そのハイライト、どでかい隠すん坊がパナマ文書ってやつだ

将に中米パナマから全世界に吹きまくる突風サイクロン

自分たちの利益だけの為に、こっそりやっていた

税金逃れ・資産隠しの隠すん坊

その46年間の機密文書が流失しちゃったから大変だ

世界中の政治家や経済人…富裕層の悪人たちが大慌てなのだ

ここしばらくのニュースネタには困らないから

報道関係者は大喜びに違いない(笑)

日本の関連する企業名や個人リストは5月頃公開される

でもね、この隠すん坊は大企業や国際的な政治家だけじゃないよ

一般社会にも蔓延して大流行りだ

ちっぽけな会社や団体、学校関係者にも流行ってる

みんなで隠してる

隠すために、わざわざ権力を振り回したり

秘密を知っている同胞まで首にしたりするから、すぐばれる

まぁ一番多いのが便宜供与ってやつだ

地位を利用して、こすっからく金品を貰うってやつだ

どうせ、ばれるのに

これも立派な犯罪だよ

まぁパナマ文書がパンドラの箱を開けてくれた

いよいよ隠すん坊の楽しい遊びの始まりだぁ

だんだん だあれが めっかるかなぁ(笑)

(悪事千里を走るとは、古来から言われている。悪事はどんなに

隠し通しても見つかるってことだ。ましてやインターネットの時代だ。どんな悪事もすべてばればれ…だよーん)