読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河村シゲルの夢か現か日記

夢は自分自身で創る芸術作品、脚本・演出・セット・キャスティングなど全て1人で担当してます。「無意識の思考を意識に伝えようとしているのが夢」だと、あのフロイトが言っています。ボクは最近、夢を毎日見ています。だからもう一人の自分探しの旅のつもりで夢日記を書き続けることにしました。

遥かなる男の旅路

その男は闘いの場が好きだったのだろうか
学生時代はフットボールの選手
第一次世界大戦で重傷を負い
スペイン戦争では砲弾をかいくぐり
アフリカでは2度の飛行機事故からの生還
その男
アーネスト・ヘミングウェイ
キューバの海を愛したアメリカの作家
その彼が最後にたどり着いた『老人と海』
これも人間と魚との壮絶な闘いだった
彼はいつも悪と闘っていた訳ではなかった
しかし
何の為に闘ってきたのか
彼は分からなくなった
だから、不死身のその作家は
最後に猟銃自殺をした
ボクはヘミングウェイの全ての闘いに
感動する
人生、努力の大方は、たいした成果をあげることなく埋もれて行く
でも、闘いの断片に感動がある
政府や学校が指導しない感動がある
時代に寄せる感敏さ
世間の動きに対応する俊敏さ
闘う男が、決まって持つ感性
流転・放浪、さ迷う男の旅路にこそ
世の中が求める男の姿があるのではないか
取り敢えず、転がる石には苔が生えない
(老人はゆっくりとコーヒーを飲んだ。それが一日の食事の全てだ。小舟の舳先に水を入れた瓶がある。それだけあれば1日は充分に持つ。ボクもボートでの釣りは好きだが、まだそこまでの境地には達していない。)